塾と予備校の違いは何でしょう

sample進学のために今、塾と予備校のどちらかに行きたいけれど、どっちに行ったら良いのか、そしてよく似ているが何が違っているのか疑問に思う方も多いでしょう。実は、塾というのは早ければ就学前の子供から小学生や中学生、高校生など学校に通っている学生が学ぶところという考えのもとに作られているので、授業が終わってからの時間。つまり夕方から開始されますが、予備校というのは現役学生もいますが、浪人生が志望校に向けての学習をしているので高校の通常授業と同じように午前中からのスケジュールが組まれています。しかし、現役高校生は日中は学校に通っているので時間的に夕方か休日に授業がるので、朝から夜までスケジュールが組まれているということになっているため、違いは授業の行われている時間だけなのです。

SKMコンサルタントとは

最新投稿

  • 学習塾と予備校の違いについて

    受験が迫ってくると、子供の進路を確実にするために学習塾や予備校に通わせようと考える親御さんが増えてき…

    続きを読む...

  • 塾と予備校の違いについて

    塾と予備校の一番の違いは、指導対象です。塾は高校生も対象ですが、基本は小学生や中学生を対象に指導しま…

    続きを読む...

  • 塾と予備校の違いについて

    塾と予備校はともに学習をする場を提供すると言う意味では、同じようなものですが、その内容については、大…

    続きを読む...

  • 塾と予備校の違いについて

    塾と予備校は似ているようですが、実は違いがいくつもあります。塾には、予備校にはないサービスがたくさん…

    続きを読む...